【EW-M754TB】家庭用プリンターの選び方は?結論はEPSON EW-M754TBで決まり!2つの機能性とデザインの良さをレビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。
エノ

新ブログ「Your Own Place」を立ち上げます。

エノ妻

主人は自分の部屋を毎回デザイン変えしてますので、妻としても面白そうかなと感じます。ぜひ応援よろしくお願いします。

結論:EW-M754TBは買い!家庭用プリンターとしては超高性能で一台あれば万能力のあるプリンター!

<この記事を読んで解決する悩み>

プリンターを買い替えたいがどんなものにしたらいいかわからない方
  • 家庭用で人気のプリンターってどんなものなのかな?
  • もうすぐ年賀状の季節だけどプリンター買い替えたいな。
  • どんな機能が最新のプリンターにはあるのかな?メーカーは?

<本記事の信頼性>

自宅の作業スペースにこだわる会社員ブロガー
エノ 

<プロフィール>

  • 40代会社員ブロガー
  • 40代に特化した転職ブログ「Revenge Job Change」を運営中。
  • ブロガーとして毎日作業する作業空間を癒しの場にする方法を執筆。
  • 星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳内
  • ステンドグラス手作り体験工房「denkoubou」専属WEBライター

兄弟サイトの40代での転職を特化したブログ。興味がある方は是非。

筆者の専属WEBライターとして契約している「denkoubou」公式ブログはこちら。

目次

【EW-M754TB】EPSON EW-M754TBは家庭用プリンターとしては安価で最高品質!

EW-M754TB、実際のプリンター設置後のデスク。デザインが好きで居心地が良いです。
EW-M754TBを設置した実際の画像

実際にEPSONインクジェットプリンターEW-M754TBを購入しましたので、その魅力を余すことなくお伝えしていきます。

家庭用プリンターは、パソコンが家にないといらないとお考えの方も多いのが40代以降の昭和世代。

もう、その時代は終わりました。

令和は、プリンターは一家に一台が当然の誰でもどこの家にもある必須家電製品です。

エノ妻

昔は、写真の印刷はカメラのキタムラなど写真屋さんにお願いするのが一般的でした。

現在は、自宅のプリンターでスマホから印刷するのが普通の日常です。

写真だけでなく、年賀状の作成や印刷、会社で終わらなかった持ち帰り仕事の印刷物、転職に使う書類、様々な事に使えるなくてはならない存在です。

特に、年賀状の時期にはプリンターは大活躍します。あると非常に便利です。

EPSONインクジェットプリンターEW-M754TBは、どこに置いても違和感のないシンプルなデザインなのが魅力。

まずは家庭用プリンターの選び方をわかりやすく簡単に説明します。

【EW-M754TB】家庭用プリンターのメリット・デメリット

EW-M754TBの購入直後の状態。定員さんに勧められ、タケトンボというインクも購入しました。
EW-M754TBの箱を開けたら、少量のエコタンクインクと説明書、しっかりと梱包されていました。
エノ

家庭用プリンターには、メリットしかありません。と断言したいところですが、家庭によって使用頻度が低い場合がありそこは正直に説明します。

家庭用プリンターのメリット
  • いつでもスマホの写真を印刷できる。
  • 小型化し、デザインが良くなって置く場所が選べる。
  • 学校や職場での提出書類を家で用意できる。
  • 年賀状の印刷をお店に外注する必要がなく、家で全てできるのでコスト削減。
  • 毎回コンビニまで行く必要がなくなる。
  • 安価で長持ちする。
家庭用プリンターのデメリット
  • 写真を印刷しない人は使用頻度が少ない。
  • パソコンを持っていない人は書類の印刷をする機会がない。
  • たくさん使う人はインク代のコストがかかる。(印刷外注よりははるかに安い)
  • 高齢の方は特に、機能を理解できず使いこなせないことがある。
  • 5年を過ぎると修理に必要な部品の在庫がなくなることも多く、修理不能となってしまう可能性がある。

家庭用プリンターは、これから爆発的に普及していきます。

現在の30代〜40代はほとんどが所有しており、高齢になっても必要とする人がほとんどです。

スマートフォンが爆発的に普及してから、デジタルカメラやホームビデオの家電製品はほとんど姿を消しました。

高画質カメラさえもスマホに搭載される時代で、一眼レフカメラなどプロカメラマンが使うような機能までついているスマホさえあります。

お気に入りの写真を印刷してコルクボードや写真立てに飾るのは、今も昔も同じ。それが簡単にできるのが家庭用プリンターの魅力。

家庭用プリンターの寿命は、一般的に3~5年程度です。

これは、メーカーが想定している寿命で、サポート期間も製造開始から5年程度が一般的です。

週に一回程度使う人でも絶対にお買い得で、使えば使うほど長持ちすると言われています。

エノ妻

スマホから簡単にWi-Fiで印刷できるからよく使うのよね。楽だし。

激推しする理由は、コンパクトになってインテリア性が高くなったからです。

4〜5年前は、家庭用プリンターといえば大きくて置く場所に困り、寿命も短く普及が進んでいませんでした。

年賀状で使うくらいで、普段使いはほとんどしない人が多かったからです。

【EW-M754TB】家庭用プリンターはもはや一家に一台の時代。スマホから印刷する時代

最低限のインクは付属していました。
インストール用のディスクと説明書がありがたい

写真は、アルバムに収める時代からデータ保存する時代に変わりました。

でも、写真は普段から目に入るところや、玄関などに飾って幸せを感じるために存在します。

家庭用プリンターの需要はこれからも伸びていきますし、スマホ印刷がある限り絶対に必要なマストアイテムになりました。

文書印刷よりも、写真印刷の需要が家庭用では高い。

文書印刷は、職場の複合機でする方がコストが安く時間も早いからです。

【EW-M754TB】家庭用プリンターはEPSONかキャノンの2択。その違いとは?EPSON製EW-M754TBを選ぶ理由を解説

EW-M754TBで実際に印刷した写真
画像よりも鮮明にくっきり印刷できていました。
エノ

写真の印刷がものすごく綺麗で、鮮明な画像が印刷できました。

日本国内では、家庭用プリンターではEPSONとキャノンの2大メーカーの独占市場に近い状態です。

では、EPSONのプリンターとキャノンのプリンターはどの部分が違うのでしょうか?

エノ妻

よく、会社の複合機にはキャノンのコピー機が使われてない?

個人事業主やフリーランスの方は、キャノンを利用している人が多いようです。

決定的な違いは、何を印刷するのか?で決まります!

なぜ筆者がEPSONプリンターを激推しするのか、その理由をこれから解説していきます!

【EW-M754TB】写真印刷ならEPSON。文書印刷ならキャノンで決まり。

印刷用の専用アプリでセットアップもできます。
チャット形式でとてもわかりやすく誰でも印刷可能

プリンターは、写真の印刷や画像の印刷と、ワードやエクセルなどの文書の印刷の種類があります。

使用頻度からして、家庭での印刷は圧倒的に写真印刷です!

家庭用プリンター選びの結論
  • 写真メインで選ぶならEPSONインクジェットプリンターで決まり!
  • 文書メインで選ぶならキャノンプリンターで決まり。

一般家庭で文書メインで印刷することは考えられません。

独立して仕事で使うなら別ですが、基本は写真や画像の印刷が家庭利用では多いはずです!

エノ

EPSON EW-M754TBは、家庭用のプリンターにとっては最高品質です。間違いありません。

Canon と比べると、写真を印刷したときの発色が鮮やかなのが EPSON のプリンターの特徴です。

純正のインクに優劣があるのではなく、プリンター内のソフトウェアの処理方法の違いと考えてください。

同じ写真を印刷した場合、Canon の方が若干赤みがかった感じになります。

好みにもよりますが、多くの人がEPSONの画質が良いとの評価をしています。

※価格.com口コミサイトより

【EW-M754TB】EPSON家庭用プリンターはデザインがCanonより良い印象

(注)あくまで個人的あ印象です。

エノ

キャノン製プリンターは、デザインがスタイリッシュですが、会社などのオフィス向きに見えませんか?

エノ妻

リビングに置くならEPSON製の方が女性には受けそう。

もちろん、個人事業主や自宅で仕事をして文書印刷が多い方は、キャノンの方が黒が鮮明に写り良いのは間違いありません。EPSONでも文書印刷できますが、インクジェットの吹き付けが残るような印象で職場の複合機で印刷した書類と比べ物になりません・・・。

家庭用プリンターは、性能面でなくデザインも同じくらい重要です。

家庭用プリンターの使用頻度も考えれば、便利でインテリアとしても遜色ないものを選びたいですね。

自分のお気に入りの書斎など、当ブログのコンセプトでもある「居心地の良い空間を作ろう」という考え方から、デザインは際重要視しながら商品を紹介しようと考えています。

Canon製のプリンターは、ビジネスシーンに強いプリンターですね。

家庭用でも、フリーランスやリモート出勤の多い方には、キャノン製の家庭用プリンターの方が機能性は良いかもしれません。

その場合、仕事部屋や書斎もスタイリッシュに事務所に似たような空間にした方が映えると感じます。

【EW-M754TB】実際に使った2つの機能の使いやすさとインク代が節約できるエコタンク!

エノ

EPSON EW-M754TB家庭用プリンターには、最初からエコタンクボトルが少量ですが付いてきますので、試し印刷ができます。

エノ妻

うちは年賀状も何百枚も出さないから、これで十分だったのよね。

従来の家庭用プリンターは、インクはカートリッジ式しかありませんでした。

カートリッジ式インクとは?
プラスチック製の使い切りのインク差し込み型の交換式で、無くなったら継ぎ足しはできませんでした・・・
ぱーそなるたのめーる
¥4,153 (2024/04/06 13:03時点 | 楽天市場調べ)

このインクカートリッジには、100円ショップなどで安い相互型のものも多く発売されており、安く手に入るのですが・・・

エノ(泣)

筆者は、その落とし穴にはまってしまい、今回プリンターを買い替えることになりました・・・。

100円均一に売っている相互性と書いてあるインク

安いものには、必ずリスクがつきまとうものです。

筆者の以前使っていたエプソン製のプリンターは、この安いインクを使い、壊れました・・・。

よく考えてみてください。

インクが100円で売っていたら、純正品の何十倍もする価格のインクは売れないと思いませんか??

エノ(泣)

筆者の以前のエプソンプリンター(EP-803A)は、だんだん印刷が薄くなってきて、線が入るようになり、掃除しても直らなくなりました・・・。

取扱説明書にも、しっかりと「純正のインクカートリッジをご使用ください」と記載されています。

EPSONカスタマーセンターに問い合わせたところ・・・

純正以外のカートリッジをご使用の場合、保証対象外となります。

ときっぱりと言われてしまいました・・・・。

同じように、エコタンクボトルも安い偽物が売られていますので、絶対に使うのはやめましょう!

エノ

プリンターのインクが100円で買えるほど、世の中は甘くありません。

実際に壊れてしまい新しいのに買い替えになった人の話は筆者だけではないので、安物には注意しましょう!

【EW-M754TB】エコタンクについての機能紹介

アプリで丁寧な使い方の説明をしてくれます!

EPSONのおすすめの理由の大きな一つに、親切な分かりやすい使い方をチャット形式で教えてくれる専用アプリがあることです。

Epson Smart Panel
Epson Smart Panel
開発元:Seiko Epson Corporation
無料
posted withアプリーチ

このアプリのおかげで、画像のような親切な説明があり、インクの補充方法や、インクボトルの開け方まで記載されています。

インクカートリッジは、ゴミに出すこともできないので、お店のリサイクル箱まで持って行かなくてはなりませんが、その手間も省けます。

これからの時代は、家庭用プリンターのインクはエコタンクに全て置き換わると予想されていますので、ぜひおすすめの機能となっています。

エノ

筆者も実際に使ってみました。

インクボトルから差し込むだけなのですが、非常に簡単です。

これなら長く使えますし、純正品を使っていれば設置不良などもなく綺麗にEW-M754TB家庭用プリンターを使うことができます。

エコタンクなので量を自分で調節できますので、残ったインクは保存も可能です。

【EW-M754TB】家庭用プリンターで両面印刷ができる!

エノ

驚いたのが、家庭用プリンターなのに両面印刷ができることです!

さすがに、家庭用のプリンターで両面印刷は無理かと思っていました・・・。

そんなことができるのは業務用の複合プリンターだけですよね・・・。

それがなんと・・・

EW-M754TB EPSON家庭用プリンターは、それができるのです!!

一度印刷された紙が、また戻り、コピー対象を裏返せば、簡単に両面印刷が可能です!

この機能は、免許証のコピーを提出するときや、マイナンバーカードのコピーを提出する場合や、会社の仕事を家に持ち帰ってしまった時などにも役に立ちます。

カラーの両面印刷も可能で、プリンターは同じWi-Fiにあれば、パソコンが2階、プリンターは1階にあっても問題なく印刷できます。

【EW-M754TB】激推しの理由はコンパクトでどこに置いても不自然のないデザイン!

筆者の書斎の様子
エノ妻

テレビ台の横にも置けてスマホ写真の印刷などに使えるので、リビングに置くのも効率的な使い方でデザインもマッチしますね。

本来、家庭用プリンターとは、自宅用のパソコンの近くに置くのが一般的でした。

それが令和時代は、スマートフォンが普及し、写真はほぼスマホで撮るのが普通になっています。

つまり、写真を印刷したいときに、わざわざ書斎に行くよりも、いつものリビングにプリンターがあった方が便利なのです!

そのために、どんなところにおいても不自然がないようなデザインを採用したのがEW-M754TB

キャノンのプリンターはスタイリッシュで角張っているのに対し、 EPSONのEW-M754TBは角に丸みがあり、女性ウケしやすいデザインでもあります。

【EW-M754TB】Wi-Fiで繋がるので書斎でもリビングでも置ける万能性。小型が魅力!

エノ妻

EW-M754TBは、小型なのでどこにでも置けますね。夫と私と娘の3人が使いますが、リビングにあれば誰でも使いやすいです。

家庭用プリンターは意外とあると便利なことがわかりました。

今までは近くのコンビニなどに行ってコピーしていましたが、自宅で楽にできるのはとても魅力的です。

それどころか・・・今まであまり写真印刷をしていなかったのが、EW-M754TBを買ってから写真を印刷する機会が増えました。

エノ

これは意外に、あると使いたくなる心理と、大切な写真を気軽に印刷して飾れる素晴らしさ!

娘の部屋にも、いつの間にかコルクボードが設置されていました・・・。

高校2年の娘は、青春の友達との記憶などをたくさん撮って、修学旅行や文化祭での写真を飾っていました。

「カメラのキタムラに行ってまで印刷しようとは思わないけど、家にプリンターがあるなら絶対印刷するよ!」

娘も気に入って使っており、インク代がかかって大変です💦

エコタンクインクは、Amazonのセールや楽天のスーパーセールの時に安くなったり、ポイントが多く貯まったりしますので、セール時に多めに購入しておくことをお勧めします。

【EW-M754TB】家庭用プリンターの選び方 まとめ

EPSON EW-M754TBは家庭用のプリンターにも関わらず、ブラックならここまでインテリア製が高いともはやプリンターなのかわからないくらいです。

プリンターは、新製品が出るスピードが速いため、新しいモデルも発売されるでしょう。

エノ

もし新製品が発売されたら大チャンスです!

エノ妻

EPSON EW-M754TBが型落ちになったら、価格が安くなる在庫一掃セールが超狙い目ね。

新製品が出たら、旧型の型落ち品は絶対に在庫を売り尽くすためのセールが入ります。

はっきり言って、新製品にどんな機能が追加されるかはわかりませんが、EPSON EW-M754TBがあれば家庭での印刷やコピー作業は十分です。

他に機能などいらないくらいのスペックを持っています。

EPSON EW-M754TBをおすすめする理由 まとめ
  • EPSON EW-M754TBは小型でデザイン製が高く、どこにおいても見栄えが良い!
  • エコタンク方式で、インクの追加が非常に楽なのと、コスト的にもカートリッジより遥かに安い!
  • 印刷機能が充実していて、両面印刷の機能も標準装備されている。
  • スマホで簡単に写真印刷できるので、家族全員で1台のプリンターを共有できる!
  • 家庭にプリンターがあることで、写真を楽しむ機会が増える!
  • 会社に提出する書類も家で印刷して出勤できる!
  • 年賀状を印刷するには最適な家庭用プリンターEPSON EW-M754TB。

もちろんホワイト(EPSON EW-M754TW)もオススメです!

エノ妻

ホワイトは女性からしたらブラックよりインテリアに向いているかも!

ぜひ、セールを狙ってEPSONのEW-M754TB・EW-M754TWを購入してしまいましょう!

後悔しない家庭用プリンターなら、EW-M754TBで間違いありません。

デザインガジェットは他にもたくさんありますので、今後の商品紹介記事にぜひご期待ください。

EPSON EW-M754TB 家庭用のプリンター
総合評価
( 5 )
メリット
  • コンパクトでデザイン性がよく、家のどこにおいても日常生活に違和感がない。
  • エコタンク方式でインクのコストが安く、長持ちする。
  • Wi-Fiがある環境なら配線もいらず、家族全員が好きな時に使える。
  • 年賀状など大量に印刷する場合もコストが外注するより圧倒的に安い。
デメリット
  • プリンターは進化が早く、次の新商品の発売が早いためすぐに型落ちになってしまう。
  • 印刷速度は、業務用複合機と比べてしまうとやはり遅い。家庭用なのでそこは仕方がない。
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥46,750 (2024/04/07 00:21時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として管理職で働きながら、ブロガーとしても1年以上記事を書き続ける。副業収入が毎月5万円程度で、社畜生活からの脱出を目指し本気でブログを書き続ける。40代転職ブログ「Revenge Job Change」を執筆中。月間5万PVを記録し、40代での転職についての役立つ情報を発信し続けている。メンタルを癒す場所を作るブログに挑戦!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次