最安値で性能変わらず。WINTEN WT-156H2-BS!ブログ執筆の効率を上げるシックなデザインのモバイルディスプレイ15.6インチ

当ページのリンクには広告が含まれています。
エノ(汗)

ブログの執筆にAIを使うことで時間を節約したい。でも、本当に高品質な記事が書けるのかな…

こんな悩みを抱えていませんか?

筆者自身、Webマーケターとして個人ブログを運営する傍ら、AIの可能性に注目してきました。

WordPressの操作に慣れてきたものの、ノートパソコン1台では画面が狭くて作業効率が上がらない。

モバイルディスプレイにchat GPTを映しっぱなしにして、コピー&ペーストできれば効率化できる!

そんな考えから、私はモバイルディスプレイの購入を検討していたのです。

AIを活用すれば、誰でも短時間で大量のブログ記事を生み出せる。そう考えるWebメディア運営者は増えています。

しかし、ただ記事数を稼げば良いわけではありません。

検索上位に表示されるSEOに特化した、読者を引き付ける高品質な記事でなければ意味がないのです。

そこで活躍するのが、AIを最大限に生かすことができる環境。具体的には・・・

モバイルディスプレイ15.6インチの効率的な使い方
  • ノートパソコンとは別に、ChatGPTに特化した画面を用意する
  • 15.6インチのモバイルディスプレイを使い、リサーチと執筆を同時進行する
  • 自宅だけでなく、カフェなどでも広々と執筆環境を整える

こうした工夫によって、記事の生産性とクオリティの両立が可能になります。

とはいえ、予算には限りがあるもの。

エノ妻(困)

できるだけコスパの良いモバイルディスプレイを選びたいですよね。

そこで筆者がおすすめしたいのが、「 WINTEN WT-156H2-BS 」です。フルHD解像度で鮮明な画質を誇りつつ、薄型・軽量ボディなので気軽に持ち運べます。

エノ

筆者も購入したので、レビューもしっかり執筆しますね。

何より、類似製品と比べて圧倒的に安い価格設定。1万円を切るセールもあるので、費用対効果は抜群だと言えるでしょう。

このモバイルディスプレイを使えば・・・

モバイルディスプレイ15.6インチを手に入れると・・・
  • 自宅でもカフェでも、どこでもデュアルディスプレイ環境が実現可能
  • リサーチ画面と執筆画面を並べて、効率的に記事を量産できる
  • スタイリッシュなデザインで、執筆のモチベーションもアップする

まさに、現代のブロガーに最適な逸品です。

とはいえ、高スペックのモバイルディスプレイを買ったところで、それだけでは不十分。

肝心なのは、私たちブロガー自身のマインドセットです。

AIによる変革の時代を生き抜くには、ChatGPTをはじめとするAIツールを味方につける発想が欠かせません。

単に便利なツールとして使うのではなく、ブログ運営の戦略にどう組み込んでいくのか。

そのヒントになる情報を、今後も発信していきたいと思います。モバイルディスプレイで作業環境を整えつつ、戦略的にAIを活用する。

そんなWebメディア運営のノウハウを一緒に探求していきましょう。きっと、ブログの可能性が大きく広がるはずです。

<この記事を書いた人>

自宅の作業スペースにこだわる会社員ブロガー
エノ 

<プロフィール>

  • 40代会社員ブロガー
  • 40代に特化した転職ブログ「Revenge Job Change」を運営中。
  • ブロガーとして毎日作業する作業空間を癒しの場にする方法を執筆。
  • 星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳内
  • ステンドグラス手作り体験工房「denkoubou」専属WEBライター
目次

WINTEN WT-156H2-BSは機能性とデザイン性に優れたモバイルディスプレイ

筆者購入のWINTEN WT-156H2-BS
エノ

モバイルディスプレイ選びで悩んでいるWebマーケターの方に、おすすめしたい一台があります。

WINTEN WT-156H2-BSは、同クラスの製品と比べて性能面・価格面で秀でているだけでなく、シンプルで美しいデザインも魅力的なモバイルディスプレイです。

ブログ執筆の作業効率アップとChatGPTなどのAI活用に最適な環境を整えたいあなたには、WINTEN WT-156H2-BSが心強い味方になってくれるはずです。

ここではその理由を、ディスプレイの基本スペックとデザイン性の観点から詳しく解説していきます。

15.6インチのIPSパネルで作業効率がアップ

持ち運んでもどこでも使えるちょうど良いサイズ感

モバイルディスプレイを導入する最大のメリットは、ノートパソコンの画面だけでは手狭な作業環境を解消できる点にあります。

WINTEN WT-156H2-BSは15.6インチのIPSパネルを採用しているため、ブラウザやエディタなど複数のウィンドウを並べての作業が快適にこなせます。

IPSパネルは視野角が広く、色の見え方が安定しているのが特長です。

そのため、ディスプレイに対して真正面以外の角度から見ても、色の潰れや歪みが少なく作業ができるのです。

ブログ執筆では、リサーチ用のウェブサイトと執筆用のエディタを同時に開いて参照することが多いでしょう。

15.6インチサイズのWINTEN WT-156H2-BSなら、参考サイトとエディタを見比べながらスムーズに執筆を進められるはずです。

エノ

これならリサーチも執筆もはかどるかも!

と感じるあなたも多いのではないでしょうか。

加えて、フルHD(1920×1080)解像度に対応しているのも嬉しいポイントです。

文字がくっきりと表示されるので、長時間の執筆作業でも目が疲れにくくなります。

WINTEN WT-156H2-BSは、こうした基本性能の高さから、ブログ執筆の生産性を大きく向上させてくれるモバイルディスプレイだと言えるでしょう。

USB Type-C1本で接続・給電が完結

モバイルディスプレイの中には、本体の接続にHDMIケーブルとUSBケーブルの2本を使うものがあります。

しかしWINTEN WT-156H2-BSはUSB Type-Cケーブル1本で映像信号の伝送と本体への給電を賄えるので、ケーブル周りがスッキリとまとまります。

USB Type-CはMacBookなど最新のノートパソコンで主流の規格です。

USB Type-C対応のPC本体にWINTEN WT-156H2-BSを直結できるので、すぐに使い始められて便利でしょう。

ケーブルが邪魔にならず、機動力が求められるモバイルワークにも最適だと言えます。

エノ(汗)

配線が煩雑だと作業に集中できないんだよな・・・

と感じているあなたにこそ、WINTEN WT-156H2-BSのシンプルな接続性はフィットするはずです。

USB Type-Cでの充電にも対応し利便性が高い

加えて、WINTEN WT-156H2-BSのUSB Type-Cポートは充電用としても使えます。

付属の専用アダプターを接続すれば、ディスプレイ本体を充電できるので、ACコンセントが確保しづらい外出先でも安心して使用できるのです。

フル充電の状態から最大5時間の駆動が可能とのことなので、比較的長い時間の作業にも十分対応可能でしょう。

ノートパソコンと合わせてコンセントを2口使わなくて済むので、「電源の心配をせずにカフェでも作業したい!」というあなたのニーズにもマッチします。

スリム&スタイリッシュなデザインもポイント

AI専用にしている筆者のWINTEN WT-156H2-BS

パフォーマンス面の魅力に加えて、WINTEN WT-156H2-BSにはスタイリッシュな外観デザインも大きな魅力があります。

シルバー基調の洗練されたデザインは、最新のノートパソコン、特にMacBookとの相性も抜群です。

薄さ8mmのスリムボディで重量はわずか680g。

モビリティに優れており、カバンに入れて気軽に持ち運べます。

「ちょっとしたすき間時間にカフェでブログを書きたい」そんなあなたの願いを叶える、最適なモバイルディスプレイと言えるでしょう。

また、付属のカバーを装着すれば、横置きだけでなく縦置きでの使用も可能です。

縦長の領域を活用したい編集作業などで役立つはずです。

「パソコンとのデザイン性が高くて、外出先に持っていける」そんなモバイルディスプレイをお求めなら、WINTEN WT-156H2-BSは申し分ない一台だと言えます。

価格面でもコストパフォーマンスに優れる

機能性とデザイン性に優れたWINTEN WT-156H2-BSですが、価格面のメリットも見逃せません。

Amazonでの価格を見ると、同様のスペックを持つCocopar製の15.6インチモバイルディスプレイと比較して、3,000円ほど安価に販売されているのです。

セール時にはさらにお買い得になることもあり、1万2,000円を切る価格で手に入れられるチャンスもあるようです。

エノ

実際に筆者はアマゾン大感謝祭で税込11,000円で購入しました。

流石に1万円を切ることは滅多にありませんが、常にリーズナブルな価格で販売されているのは魅力的です。

Amazonタイムセールなどは非常にお勧めです!

「できるだけリーズナブルにモバイルディスプレイを導入したい」と考えているあなたにとって、WINTEN WT-156H2-BSのコストパフォーマンスの高さは魅力的ではないでしょうか。

高い基本性能と優れたデザイン性を持ちながら、比較的安価で手に入る。

そんなWINTEN WT-156H2-BSは、機能とデザイン、そしてコスパのバランスに優れたモバイルディスプレイだと評価できるはずです。

専用ケーブルでMacBookなどと接続しやすい

タイプCケーブルも種類別に3本入っている!
タイプCの横向きも標準装備なのが嬉しい。

WINTEN WT-156H2-BSはUSB Type-Cでの接続に対応していますが、実際の配線を行う際は製品付属の専用ケーブルを使用します。

このケーブルは、MacBookを始めとする各社のUSB Type-C搭載機とディスプレイを接続するのに最適化された設計になっています。

手元にMacBookとWINTEN WT-156H2-BSがあれば、この専用ケーブルを使って難なく接続できるでしょう。

OSの設定をいじる必要もなく、ケーブルを挿すだけですぐに使い始められる手軽さは、特筆すべきポイントだと言えます。

エノ

「面倒な設定をしないでモバイルディスプレイを使いたい」

そう考えているあなたにとって、WINTEN WT-156H2-BSの接続のしやすさは大きなアドバンテージになるはずです。

WINTEN WT-156H2-BSがブロガーにおすすめの理由

デザイン性が良いのでお気に入りの場所を作れる!

機能性とデザイン性に優れ、手頃な価格で手に入るWINTEN WT-156H2-BSは、ブログ執筆の環境を整えたいあなたにぴったりのモバイルディスプレイです。

同価格帯の製品と比べても多くの魅力を備えており、コストパフォーマンスの高さが際立っています。

ここでは、そんなWINTEN WT-156H2-BSがブロガーに最適な理由について、薄型・軽量ボディ、スタイリッシュなデザイン、お手頃価格の3つの観点から詳しく見ていきましょう。

薄型・軽量ボディで持ち運びラクラク

外出先でもブログ執筆に打ち込みたいあなたにとって、持ち運びやすさは重要なポイントのはずです。

その点、WINTEN WT-156H2-BSは薄さ8mmのスリムボディに加えて、重量もわずか680gと非常に軽量なのが魅力です。

エノ

「カバンにすっぽり収まるコンパクトさが欲しい」

エノ妻(困)

「重たいディスプレイは持ち歩く気になれない」

そんな悩みを抱えているブロガーも多いのではないでしょうか。

WINTEN WT-156H2-BSなら、15.6インチという大画面でありながら、気軽に持ち運べる手軽さを兼ね備えています。

通勤カバンに忍ばせても圧迫感が少ないので、「今日はカフェでブログを書こう」と外出先に携行しやすいでしょう。

実際にサイズ感を比較してみると、一般的なA4クリアファイルとそん色ない横幅の広さです。

フットプリント自体はA4用紙より一回り小さいので、ちょっとしたカバンにも収まるコンパクトさだと言えます。

軽量・コンパクトながらスタンド機能も備えているため、電車の中など手狭なスペースでも使いやすいのがポイント。

薄型・軽量ボディによる高い携帯性は、外出先でのブログ執筆を手助けしてくれるWINTEN WT-156H2-BSの大きな強みだと言えるでしょう。

シンプル&スタイリッシュなデザイン

自宅ではマックブックの上に配置すると見やすい。

ブログ執筆の生産性を高めるだけでなく、WINTEN WT-156H2-BSにはセンスの良さを感じさせるデザイン性の高さもあります。

シルバーを基調としたスタイリッシュな佇まいは、特に最近の薄型ノートPCとの相性抜群です。

例えばMacBookシリーズとの組み合わせを想像してみてください。

洗練されたMacBookのデザインと、WINTEN WT-156H2-BSのスッキリとしたルックスが見事にマッチするはずです。

エノ

「PCとの一体感が欲しい」

エノ妻

「周りの目を気にせず、オシャレに作業したい」

そんな願望を叶えてくれるのがWINTEN WT-156H2-BSなのです。

本体の筐体は精悍なメタルフレームを採用しているため、シックな質感が漂います。

余計な装飾を省いたミニマルなデザインは、カフェなどでも周囲の視線を集めすぎず、落ち着いて作業に没頭できるでしょう。

もちろん、自宅の書斎やリビングに置いておくのにも最適です。

スタイリッシュな佇まいのWINTEN WT-156H2-BSなら、生活空間に美しくとけ込んでくれるはずです。

シンプルながら洗練されたルックスは、外出先でもおうちでも、ブログ執筆の環境を上質に引き立ててくれるでしょう。

手頃な価格で高いコストパフォーマンス

WINTEN WT-156H2-BSの本体画像
Cocopar製モバイルディスプレイ

WINTEN WT-156H2-BSが支持される理由は、高いデザイン性だけではありません。

同クラスの製品と比べても、優れたコストパフォーマンスを発揮している点も見逃せません。

Amazonの価格を見てみると、WINTEN WT-156H2-BSと同様のスペックを有するCocopar製モバイルディスプレイが、WINTEN WT-156H2-BSと同等の価格で販売されています。

しかし、セール時の価格が圧倒的に違うのが両者の大きなコスト差になっています!

ほとんど同じスペックでデザインも似ていますが、Cocopar製モバイルディスプレイはAmazonタイムセールくらいで大きく値下げされません。

エノ

「予算を抑えつつ、できるだけ良いモバイルディスプレイが欲しい」

そう考えている多くのブロガーにとって、大型セールで価格が大幅に下がりやすいWINTEN WT-156H2-BSのリーズナブルな価格設定はとても魅力的に映るのではないでしょうか。

Amazonや楽天市場などのセールを狙えば、定価から2,000円以上の割引となることもあるそうです。

普段使いのモバイルディスプレイ選びで、できるだけコスパを重視したいあなたには、WINTEN WT-156H2-BSがうってつけの選択肢と言えるでしょう。

もちろん、価格の安さだけを優先するのは賢明とは言えません。

しかし、WINTEN WT-156H2-BSは前述の通り、優れた基本性能とデザイン性を兼ね備えています。

単なる「格安品」ではない、価格以上の価値を感じられる一台だと言えるのです。

エノ妻

「性能と価格のバランスが取れたモバイルディスプレイが欲しい」

そんなニーズを持つブロガーにこそ、WINTEN WT-156H2-BSは自信を持っておすすめできる製品だと言えます。

手頃な価格でありながら妥協のない品質を実現した、コストパフォーマンスの高さがWINTEN WT-156H2-BSの大きな魅力なのです。

WINTEN WT-156H2-BSとライバル製品の比較

WINTEN WT-156H2-BS
cocopar YC-156Rモバイルモニター

WINTEN WT-156H2-BSは、同価格帯の競合製品と比べても多くの強みを持っています。

特にCocoparの15.6インチモバイルディスプレイとの比較では、機能面とコストパフォーマンスでWINTENが優位に立っていると言えるでしょう。

ここでは、WINTEN WT-156H2-BSがライバル製品に勝る点について、スペックと価格の観点から掘り下げていきます。

Cocoparとのスペック比較

WINTEN WT-156H2-BSとCocopar 15.6インチ モバイルモニターの基本スペックを見比べてみると、解像度やインターフェース面で大きな違いはありません。

どちらもフルHD(1920×1080)解像度のIPS液晶パネルを採用しており、USB Type-Cによる映像出力と本体給電に対応しています。

しかし、筐体サイズと重量に関してはWINTEN WT-156H2-BSに分があります。

以下の表は、両製品の本体サイズと重量を比較したものです。

WINTEN WT-156H2-BS

サイズ:356.4 x 224.8 x 8.0 mm
重量:680g

Cocopar 15.6インチ モバイルモニター

サイズ:368 x 232 x 10.5 mm
重量:750g

ご覧の通り、WINTEN WT-156H2-BSの方が薄型(8.0mm)かつ軽量(680g)であることがわかります。

特に厚さに関しては、CocoparがWINTENを2.5mmも上回っているのが特徴的です。

モバイルディスプレイにおいては、薄さと軽さが携帯性を大きく左右します。

その意味で、「カバンに入れた時のかさばりが気になる」というあなたにとって、WINTEN WT-156H2-BSのコンパクトなボディサイズは見逃せないアドバンテージだと言えるでしょう。

また、付属のスマートカバーに関しても、WINTENのアタッチメント方式はとても使い勝手が良いです。

カバーを本体背面に装着するだけで、簡単にスタンドとして利用できる点は、WINTENが優れている部分の1つと言えます。

このように、基本スペックでほぼ互角でありながら、筐体サイズではWINTEN WT-156H2-BSに軍配が上がります。

薄くて軽いボディは、外出先への携行性を重視するモバイルユーザーにとって、何ものにも代えがたい魅力なのです。

価格を比べてもWINTEN WT-156H2-BSが優位

Amazonセールなどは価格に注目

WINTEN WT-156H2-BSのアドバンテージは、スペック面だけに留まりません。

価格帯で比較した場合も、WINTENは競合製品に対して優位に立っています。

Amazonでの販売価格を確認すると、Cocoparの15.6インチモバイルディスプレイもWINTEN WT-156H2-BSも概ね15,000~22,000円台で販売されています。

通常時の価格は、両者ともそれほど変わりませんが、楽天スーパーセール・Amazonプライムセールなどの大型セール時には、価格が5,000円程度差が開く場合もあります。

エノ妻

「できるだけコスパの高いモバイルディスプレイを選びたい」

そんなあなたの願いを叶えてくれるのが、WINTEN WT-156H2-BSだと言えます。

必要十分なスペックを持ちながら、手の届きやすい価格設定になっているのは魅力的でしょう。

加えて、Amazonや楽天市場などのECサイトでは、定期的にセールやキャンペーンが実施されています。

運が良ければ、WINTEN WT-156H2-BSを12,000円前後の価格で手に入れられるチャンスがあるかもしれません。

それでいて、前述の通りWINTEN WT-156H2-BSは、薄型・軽量ボディや使い勝手の良いスマートカバーなど、随所に工夫を凝らしたモバイルディスプレイです。

つまり、「安かろう悪かろう」といった心配は、決して無用だということです。

このように、価格面でライバル製品を上回る点も、WINTEN WT-156H2-BSの魅力だと言えるでしょう。

予算を抑えつつ、できるだけ良いモノを選びたいあなたにとって、WINTEN WT-156H2-BSは打ってつけの選択肢になるはずです。


WINTEN WT-156H2-BSがブロガーにおすすめの理由

真上に配置すると首の動作が楽です!
ディスプレイはchat GPTなどのAIを主に映します。

機能性とデザイン性に優れ、手頃な価格で手に入るWINTEN WT-156H2-BSは、ブログ執筆の環境を整えたいあなたにぴったりのモバイルディスプレイです。

同価格帯の製品と比べても多くの魅力を備えており、コストパフォーマンスの高さが際立っています。

ここでは、そんなWINTEN WT-156H2-BSがブロガーに最適な理由について、薄型・軽量ボディ、スタイリッシュなデザイン、お手頃価格の3つの観点から詳しく見ていきましょう。

薄型・軽量ボディで持ち運びラクラク

こんなに薄いのでカバンに余裕で入ります。

外出先でもブログ執筆に打ち込みたいあなたにとって、持ち運びやすさは重要なポイントのはずです。

その点、WINTEN WT-156H2-BSは薄さ8mmのスリムボディに加えて、重量もわずか680gと非常に軽量なのが魅力です。

エノ

「カバンにすっぽり収まるコンパクトさが欲しい」

エノ妻(困)

「重たいディスプレイは持ち歩く気になれない」

そんな悩みを抱えているブロガーも多いのではないでしょうか。

WINTEN WT-156H2-BSなら、15.6インチという大画面でありながら、気軽に持ち運べる手軽さを兼ね備えているでしょう

通勤カバンに忍ばせても圧迫感が少ないので、「今日はカフェでブログを書こう」と外出先に携行しやすいはずです。

実際にサイズ感を比較してみると、一般的なA4クリアファイルとそん色ない横幅の広さです。

フットプリント自体はA4用紙より一回り小さいので、ちょっとしたカバンにも収まるコンパクトさだと言えます。

軽量・コンパクトながらスタンド機能も備えているため、電車の中など手狭なスペースでも使いやすいのがポイントでしょう。

薄型・軽量ボディによる高い携帯性は、外出先でのブログ執筆を手助けしてくれるWINTEN WT-156H2-BSの大きな強みだと言えます。

シンプル&スタイリッシュなデザイン

箱を開けたばかりの状態。ドキドキしますよね。

ブログ執筆の生産性を高めるだけでなく、WINTEN WT-156H2-BSにはセンスの良さを感じさせるデザイン性の高さもあります。

シルバーを基調としたスタイリッシュな佇まいは、特に最近の薄型ノートPCとの相性抜群でしょう。

例えばMacBookシリーズとの組み合わせを想像してみてください。

洗練されたMacBookのデザインと、WINTEN WT-156H2-BSのスッキリとしたルックスが見事にマッチするはずです。

エノ

「PCとの一体感が欲しい」

エノ妻

「周りの目を気にせず、オシャレに作業したい」

そんな願望を叶えてくれるのがWINTEN WT-156H2-BSなのです。

本体の筐体は精悍なメタルフレームを採用しているため、シックな質感が漂っています。

余計な装飾を省いたミニマルなデザインは、カフェなどでも周囲の視線を集めすぎず、落ち着いて作業に没頭できるでしょう。

もちろん、自宅の書斎やリビングに置いておくのにも最適です。

スタイリッシュな佇まいのWINTEN WT-156H2-BSなら、生活空間に美しくとけ込んでくれるはずです。

シンプルながら洗練されたルックスは、外出先でもおうちでも、ブログ執筆の環境を上質に引き立ててくれるでしょう。

手頃な価格で高いコストパフォーマンス

普段は18,800円ですが・・・

エノ

筆者はなんと、Amazonプライム感謝祭で12,852円で購入することができました。

普段は18,800円ですが、セール期間中は本当に狙い目で、このブログでもアピールしていきます。

WINTEN WT-156H2-BSが支持される理由は、高いデザイン性だけではありません。

同クラスの製品と比べても、優れたコストパフォーマンスを発揮している点も見逃せません。

Amazonの価格を見てみると、WINTEN WT-156H2-BSと同様のスペックを有するCocopar製モバイルディスプレイが、普段は同等ですが、セール時はWINTEN WT-156H2-BSよりも3,000円ほど高価であることがわかります。

エノ妻(困)

「予算を抑えつつ、できるだけ良いモバイルディスプレイが欲しい」

そう考えている多くのブロガーにとって、WINTEN WT-156H2-BSのリーズナブルな価格設定はとても魅力的に映るのではないでしょうか。

加えて、Amazonや楽天市場などのセールを狙えば、定価から2,000円〜5,000円以上の割引となることもあります。

普段使いのモバイルディスプレイ選びで、できるだけコスパを重視したいあなたには、WINTEN WT-156H2-BSがうってつけの選択肢と言えるでしょう。

もちろん、価格の安さだけを優先するのは賢明とは言えません。

しかしWINTEN WT-156H2-BSは前述の通り、優れた基本性能とデザイン性を兼ね備えています。

単なる「格安品」ではない、価格以上の価値を感じられる一台だと言えるのです。

エノ

「性能と価格のバランスが取れたモバイルディスプレイが欲しい」

そんなニーズを持つブロガーにこそ、WINTEN WT-156H2-BSは自信を持っておすすめできる製品だと言えます。

手頃な価格でありながら妥協のない品質を実現した、コストパフォーマンスの高さがWINTEN WT-156H2-BSの大きな魅力なのです。

まとめ:モバイルディスプレイで作業効率を上げよう

モバイルディスプレイ15.6インチは、お気に入りの場所に最適なアイテム。

今回は、ブログ執筆の作業効率を上げたいと考えている方に向けて、

  • モバイルディスプレイ15.6インチがブロガーに最適な理由
  • ブログ執筆に役立つモバイルディスプレイ活用術
  • WINTEN WT-156H2-BSがブロガーにおすすめのポイント

上記について、米菓工場の管理職として働きながら副業でブログ「Revenge Job Change」を運営する筆者の視点からお話ししてきました。

モバイルディスプレイを使えば、ノートパソコンの画面だけでは手狭だと感じているブロガーの悩みを解決できます。

15.6インチは持ち運びに便利な大きさで、AIツールとの併用やデュアルディスプレイでの作業により、記事の質とスピードを上げることができるでしょう。

その中でもWINTEN WT-156H2-BSは、薄型・軽量ボディと、シンプルでスタイリッシュなデザインが特長です。

手頃な価格ながら高いコストパフォーマンスを発揮し、あなたのブログ執筆をサポートしてくれるはずです。

ブログ運営において、効率化は欠かせません。

少しの工夫と投資で、記事の質を落とすことなく量を増やすことができるのです。

「ブログを書く時間がない」と悩んでいたあなた。

これからは、モバイルディスプレイを味方につけて、どんどん記事を書いていってくださいね。

40代からブログを始めたあなたの挑戦を、心から応援しています!

WINTEN WT-156H2-BSモバイルディスプレイ15.6インチ
総合評価
( 5 )
メリット
  • 薄く、軽く、持ち運びに便利。カフェや街角で使える。
  • ライバル商品より、セール時の割引率が高い。Amazonや楽天のセールを狙え!
  • デザイン性がよく、メタリックで特にMacBookなどのスタイリッシュなPCと相性が良い。
  • サブディスプレイにchat GPTなど、AIを常に開くことで、作業効率が大幅にアップする。
  • ブロガーだけでなくパソコンを使う人なら必需品のモバイルディスプレイ15.6インチ
デメリット
  • なんのセールでもない普段は18,800円と安くはないのでAmazonタイムセールはせめて狙おう!
  • 高く買ってしまうと後悔するので注意!

兄弟サイトの40代での転職を特化したブログ。興味がある方は是非。

筆者の専属WEBライターとして契約している「denkoubou」公式ブログはこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員として管理職で働きながら、ブロガーとしても1年以上記事を書き続ける。副業収入が毎月5万円程度で、社畜生活からの脱出を目指し本気でブログを書き続ける。40代転職ブログ「Revenge Job Change」を執筆中。月間5万PVを記録し、40代での転職についての役立つ情報を発信し続けている。メンタルを癒す場所を作るブログに挑戦!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次